biography

à qui avec Gabriel

I am that I am
musician /composer    (accordion, voice, piano etc.) 

2001年、ミュージシャン「à qui」とアコーディオン「Gabriel」によるソロユニットとして、John ZornのレーベルTzadikから灰野敬二をゲストに迎えCDデビュー。ソロ演奏を軸に、Acid Mothers Templeの総帥 河端一とのデュオ「Kawabata Makoto et à qui avec Gabriel」や、「愚弁」「ぬばたまり」などのグループに参加し、様々な表現者たちと共演。2011年より欧米にてツアーを敢行。静寂の中から響き渡るアコーディオンは、ポップ・フィールドとアヴァンギャルドをしなやかに越境し、中世のおとぎ話やわらべうたの深い闇を想起させる世界が繰り広げられる。近年、à quiとGabrielの合体成就によりピアノの弾き語りを開始する。

写真:大久保季之

musician /composer  (accordion, voice, piano etc.) 

à qui avec Gabriel is a solo unit by musician “à qui” and accordion “Gabriel.”She made her debut  in “UTSUHO” from John Zorn’s TZADIK in 2001( joined Haino Keiji as a guest musician) .” Mainly performs solo, the permanent duo with KAWABATA Makoto of the leader of Acid Mothers Temple, other participation of some groups and collaborating with many performers. She based in Tokyo, touring Europe and America several times. She crosses the border between pop field and avant-garde flexibly. Her silent improvised sound is reminding the fantasy world like the medieval fairy tales or the deep darkness of Nursery Rhymes.  Recent years, she started to sing with piano.(because ”à qui” has accomplished to unite with “Gabriel”)

2001年 John ZornのTzadikから灰野敬二をゲストに迎えCDデビュー
2003年 『両国シアターχ ブレヒト演劇祭port B公演』出演
2004年 河崎純(Contrabass)、夏秋文尚(drums)と自身のロック・バンドpneuma hectopascalを結成
      midoriyamaとイベント「blue」を開始する
      中級ユーラシア料理店元祖日の丸軒にて演奏
2005年  灰野敬二+狩俣道夫+河崎純と共演
2006年 森重靖宗+TOMOと共演
     ライブシリーズ「ardath」開始
2007年 ヒグチケイコとイベント「mitsu」、midoriyamaと「nicotopia」開始
     Buttercup Metal Polish、Gianni Gabbia、Abe Sada、Kelly Churko、Blind Bug Slim、
      SAWADA+HARADA+Biagio Caravano + Lorenzo Bianchi と共演
     midoriyama 、NillaとISETO結成
     Roonee247 photography 稲葉輝矢写真展にて演奏
2008年 自身の企画「Ye mistikra !」開始
     伊藤匠、柳家小春、細田麻央+sachiko、國江徹と共演
2009年 art project frantic performance seriesにて演奏
     亞弥、牧野琢磨と共演
2010年 セカンドソロCD「慈しみの雨のなかで」、Musik Atlachよりリリース
     zumiにて初ワンマンライブ
    映画『失恋殺人』(江戸川乱歩原作)にて自身の楽曲<イソップ No.9>(蛇腹姉妹演奏)が劇中使用される

    田畑満、小埜涼子、川口雅巳、BRUNO FERNANDES+Ukiko+K.micall、Zn’shn+Cal Lyall、
        蛇腹姉妹、富士栄秀也+武司と共演
    Pouring High Waterとともに関西ツアー、後、Pouring High Waterに参入
    河端一とともに関西ツアー 彦根スミス記念堂にて演奏
2011年 柏瀬俊明による照明、モビールとのコラボレーション開始
    『セルゲイ・レートフ来日記念公演』にてセルゲイレートフらと共演
    Pouring High Water(スズキジュンゾ/TOMO/田口史人)にて関西ツアー
    No Neck Blues BandのMicoとデュオでFestival des Musiques Innovatriceに出演、欧州ツアー
    J Trip Art Galleryにて万城目純の映像とコラボレーション
    吉本裕美子+りょう+秦真紀子と共演
2012年 河端一とのデュオ1stCD、米Important Recordsよりリリース
    河端一と発売記念西日本ツアー 彦根聖愛教会で演奏
    魔術の庭のアルバムに参加
    亞弥、狩俣道夫と共にぬばたまり企画スタート
    キッドアイラックアートホール、宮田徹也企画『間島秀徳展 KINESIS』にてコンテンポラリーダンス桂由貴子とコラボレーション
    Garelly MA2 倉林靖企画展にて倉林靖と共演
    ひねもすのたり 『工藤冬里個展「磁器の剥きだし(prochain exposer)」』にて工藤冬里と共演
    Michel Henritzi、Che Chen、と共演
    ピアノ弾き語り開始
2013年 河端一との2ndCD、仏Bam Balam Recordsよりリリース
    川口雅巳、須山公美子、蛇腹姉妹、Hans Koch+Gaudenz Badrutt+蜂谷真紀+直江実樹と共演
    Ftarri1周年記念にて大城真と共演
    磯端伸一とMusique Actionに出演、欧州ツアー谷口和仁率いる愚弁に不定期参入開始
2014年 Che-SHIZU、Maher Shalal Hash Bazと共にアメリカツアー
     Festval des Musiques Insolentes 2014にてソロ公演
      Leafy Satori Risk、Bruce Huebner 、矢野礼子、石塚俊明、森重靖宗、Jorge Queijo+Maria Monicaと共演
        河端一と関西ツアー
    『清水美雪の世界展』にて清水美雪とコラボレーション
   須山公美子、くうたと共に『天使とラヂオとガーゴイル』企画開始
    『One Day Festival 2014』大寺航企画にて演奏
    北沢タウンホールDance Marche公演にて演奏
2015年 Christophe Charles、DJ URINEと共演
    3331 Arts Chiyoda『マリアン・ノヴィンスキー+隠地妙展』で町田良夫と共演
    フランスのダンスカンパニーincidenceの招聘によりダンサーMarie Bosque & Veronique Delarcheと共演
    工藤冬里とのスプリット10inch LP『情趣演歌 enka mood collection』仏An’archiveよりリリース
     Michel Henritziとのデュオで欧州ツアー
     フランスl’AterieにてTristan Fauvreの陶器作品とのコラボレーション
    近江八幡酒游館にて『天使とラジオとガーゴイル』
2016年 Los Doroncos、川島誠、佐藤智彦と共演
    横山玲とアキ横山結成
    Michel Henritziとの演歌インプロヴィゼーションアルバムを仏BamBalam Recordsよりリリース